HOME > 屋根工事施工写真

屋根工事施工写真


千葉県北部 茨城県南部の方
御予算御相談下さい
可能な限り低価格にさせていただきます

見積もりは無料です

(注)ガルテクトは正しく施行しないと
10年程度で雨漏り・木材の腐敗等が
起きてくるおそれがあります

千葉県北部 茨城県南部の方は
見積もりにお伺いした時に施行法を
説明させていただきます




リフォーム前(写真の角度が違いますね。すいません)



リフォーム後(屋根カバー工法 外壁塗装 雨樋 破壁板ガルバリム巻)



リフォーム前



リフォーム後

以下は工事経過の写真です


築25年経過したコロニアル屋根は建て替え等の事情がなく今後もお住まいになられる御予定ならば屋根塗装ではなく屋根カバー工法をお勧めいたします。劣化したコロニアルは表面だけでなく内部から剥げてきているので水洗いだけでは欠けてきている部分や汚れを100%取り切れないことが多く無理に屋根塗装をしても数年後に剥げてきて屋根塗装の繰り返しになってしまうからです。



室内に雨漏りしていないとお客様は雨漏りに気付かれませんが結構な確率で軒天に雨漏りしています。屋根の下地に雨漏りをすると程度にもよりますが、屋根工事が大掛かりになってしまうこともありますので築25年以上経過していれば屋根カバー工法をお考えになられた方が賢明だと思います。



鉄板の部分は棟といいますが、鉄板の下に貫という木材があります。どうしても木材が腐ってくてしまうので台風で飛散してしまいます。台風の後飛ばされていないか確認された方がいいでしょう
すぐ屋根カバー工法をおこなうので気休め程度の補修をしていますが、貫が腐ってきていて浮いています。築25年経過していれば確認するまでもなく腐っていると考えた方がいいです



外壁塗装下塗り終了
下屋根に塗装がついて汚してしまうので2F完了後 外壁塗装をしています



中塗り途中 中塗りが完了した後上塗りをします
足場代が一度で済みますので屋根カバー工法とセットで外壁塗装をする方が増えています

屋根工事施行事例

屋根・塗装のことなら、なんでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:04-7189-0356(受付時間AM8:00〜PM7:00、年中無休)
メールでのお問い合わせ

ページトップへ