HOME > 屋根工事施工写真 > 柏市 屋根リフォーム・屋根修理

屋根リフォーム施工写真


屋根リフォーム 柏市

柏市 屋根工事 柏市 屋根工事

今回は円形の屋根リフォームです。

使用材料はガルバリウムコンマ4で、通常の材料より厚めです。

非常に手間がかかりそうな屋根ですね。

ゴムアスルーフィングを引いた写真です。

通常のものより切れにくく厚めです。

柏市 屋根工事 柏市 屋根工事

写真でもわかるように、まだ、はぜをかませていないので、

境目がでこぼこしています。

最後にはじをかましていったのですが、量が多いので、手のひらがまめだらけになりました。

だいたい、このような屋根リフォームにするのは設計士さんの仕事ですね。

柏市 屋根工事 柏市 屋根工事 柏市 屋根工事 柏市 屋根工事 柏市 屋根工事 柏市 屋根工事

雨漏りの原因にならないように、無駄はぜで谷をつくり、

天窓に装着しました。

写真でみると2枚の板で作っているように見えますが、

1枚の板で作っているので雨漏りしません。

天窓などは慎重に雨仕舞いをしないと雨漏りがしやすいです。

柏市 屋根工事 柏市 屋根工事

だいたい完了しました。

大変手間がかかる仕事でしたが、

手間のかかる仕事は、仕上がると美しいですね。


柏市の方から屋根リフォームについての御相談メールをいただきました

質問 Q 屋根リフォーム、 素材によって
どれくらいの頻度で手をいれるべき?

現在、カラーベスト屋根を使用した一戸建てに住んでいます。

築年数は15年です。

屋根が古くなったように感じており、また傷んでいる部分が目立つように感じています。

一部分、生活に支障がない程度ではありますが雨漏りをしているところもあるようです。

そこで業者さんに診断をしてもらい、見積もりをとってみたところ

ガルバリウム鋼板を使用したカバー工法を勧められました。

なんでも、カラーベストは雨漏りしている箇所を特定することがなかなか難しいともいうことで、上からガルバリウム鋼板をかぶせてしまう工法が一番手っ取り早いのではないかという話でした。

また、現在のカラーベストの屋根を撤去するとそれなりに費用がかかってしまう、それよりもコストを低く抑えられるし、屋根自体を強化することもできるのではないかというアドバイスでした。

ですが、強化といいましても金属素材はサビなどが心配です。

いっそのこと、張替えをしてしまってもいいのかなとも思っているのですが、張替えの場合にはどのような素材がポピュラーなのでしょうか。

カラーベストにこだわっているわけではありませんので、ガルバリウム鋼板になることには抵抗はありません。

ですが、メリットがよりある方を選びたいと思っています。

また、カラーベスト・ガルバリウム鋼板ともに、どれくらいのペースでメンテナンスなどを行うものなのでしょうか。

できれば手間のかからない素材が嬉しいと思っています。

回答A お問い合わせありがとうございます

カラーベストは7、8年程度で塗装される方も多いですが、私は、20年程度、塗装などメンテナンスをしないで20年後にガルバリウム鋼板でリフォームした方がいいと思います。

というのは屋根塗装は職人の腕、知識の差が大きいし

屋根塗装には20〜40万程度は費用がかかるからです。

その分をガルバリウム鋼板の屋根リフォームの予算に

足した方がいいと思うからです。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス時期ですが、

色褪せはおきると思いますが、基本的にほっておいていいと考えています。

(棟は15年ぐらいしたら点検はした方がいいです)

ガルバリウム鋼板のカバー工法が費用、実用的にいいと思います。


質問 Q  柏市の方から屋根工事の御相談メールを頂きました
屋根の張替え工事にある、他の工法にないメリットを知りたい

先日、知り合いの方から「屋根の老朽化が激しい、一刻も早く
リフォームしたほうがいい」と勧められました。
そのようなことをあまり意識していなかったため、
非常に驚いています。
屋根のリフォームにも様々な種類があるそうですが、
その方からは一番我が家に向いているのは屋根の張替え工事では
ないかとアドバイスされました。
しかし、屋根の張替え工事とはどのようなメリットがあって
されるものなのでしょうか。
その知人からは、「このままだと雨漏りするかもしれない。
その前に手を入れた方がいい」
「耐久性が見たところあまりないように思う、
問題がある前に屋根を張替えたほうがいいと感じた」
と言われていますが、それ以外にもなぜ、
張替えをしたほうがよいのか業者さんからのご意見
を聞きたいと思っています。
我が家は家を建ててから30年以上経過した一戸建てです。
また、合わせて外壁やベランダのリフォームも
勧められています。
ですが、予算の都合上、そこまで一気に全てのことが
できるわけではありません。
これらの作業は、一気にお願いしなくても業者さんには
迷惑がかからないでしょうか。
相談すれば、緊急度が高いものから工事をしていただけるもの
なのでしょうか。


回答A お問い合わせありがとうございます

屋根の老朽化が激しい、一刻も早くリフォームした方がいい
という謡い文句で悪徳リフォーム屋かなと思ったのですが、
築30年以上経過していれば、スレートやトタンの場合、
ほっとき過ぎだと思います。
どちらの場合も20年程度で手をいれた方が望ましいと思います。
30年程度経過していると下地が痛んでいる場合が非常に多い
です。築20年程度の屋根と比較すると余分な工事をしなければ
ならないことも多いのでやはり20年程度で専門の業者さんに
見てもらった方がいいと思います。
室内に雨漏りしていなくても軒天部分に雨漏りしていて
室内に雨漏りしてこないので気ずかないことも多く
軒天の張替えをすることもあります。
既存の屋根がコロニアルの場合、カバー工法、トタン屋根の場合
下地が痛んでいなければMSタフカバーでカバー工法、
下地が痛んでいる場合は、スタンビーで屋根の張替えを
お勧めいたします。
屋根の張替えの場合、弊社の場合、それしか選択枠がない場合
に行っています。カバー工法ですめば、既存屋根の撤去、
残材処理がかからないので屋根の張替えに比べ、
安価ですみます。

外壁、ベランダのリフォームを屋根工事と一緒におこなわく
ても業者に迷惑はかからないと思います。
お客様の都合を考えず、あまりに強引に契約を勧めてくる
業者には依頼しない方がいいと思います


屋根・塗装のことなら、なんでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:04-7189-0356(受付時間AM8:00〜PM7:00、年中無休)
メールでのお問い合わせ

ページトップへ